teamチラシ撒き

  • 2011.09.29 Thursday
  • 00:38
 どうもお久しぶりでございます。関西人ハーフ、バーマーです。
私たちはちづる上映委員会として活動をしているわけですが、名前が長いので、私たち自身は『teamちづる』と
読んだりもしています。
そのteamちづるの中でも沢山の係にわかれております。

色んなイベントを調べる係、新聞や雑誌から興味を持ってくれそうな記者さんを探す係、
名刺やTシャツのデザインをする係、マスコミ試写が始まり、来てくださった方々と連絡をとる係 ...etc
細かい係まで数えると、本当に沢山あります。

その中で私は、チラシ撒き係でございます。もちろん私1人ではないです。
チラシ撒き係の中でも、カフェや美容院、本屋さんなど、若者が行きそうでチラシを置いてもらえそうなお店に
突入する係でございます。

この夏休みにチラシを置かせてもらったお店を紹介します。
ここに行けば『ちづる』のチラシがもらえるかもよ!!
(貼っていただいているお店もあります。)

池袋   サクラホテル・カフェ池袋、CAFE TERVE!
東中野 ジャックと豆の木、珈琲館、古着屋ギャザー、Anouk、カットアトリエフジ、
    アジアンキッチンバー、ミ☆ドゥー、cocos
吉祥寺 啓文堂書店、縁、えとせとら、BBQ HOKKAIDO、VIUAGE/VANGUARD、
    ニライカナイ本家、blunco kichijoji、タイ炭火酒場ラコタ、熱帯アジア料理ギリ、
    cafe Amar、吉祥寺WARP、とんかつあおば、cafeZENON
西荻窪 ミュゼミシェル喫茶室、珈琲『空音』、Meat&Deli Cafe KIKU、にわとり文庫、
    三人灯 san ning tou、空ナナ
横浜  柳家果物店、伊勢佐木書林、弘集堂本店、芳林堂書店


本当に沢山の暖かいお店に置かせていただいてます。
古本屋さんから、からあげやさんまで…めちゃくちゃ幅広いです。

チラシを置かせてもらえないかという話をすると、断られてしまうお店ももちろん
ありましたが、快く素敵な置かせ方をしてもらえたり、そのお店の方に興味を持っていただけて
お話したり、ということがすごく嬉しかったです。

そして、炎天下の暑い中歩き回って、疲れた時に食べた北海道牛乳ソフトが最高に美味しかったです。

こんな感じでteamちづるのteamチラシ撒きは頑張っております。

バーマー亜利紗

なまえ。

  • 2011.09.28 Wednesday
  • 22:27
こんばんは!

秋めいてまいりましたが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

自宅が横浜にあるもので、新座キャンパスとの温度差に毎朝戸惑っております嶋田安希です。
 



さて、私は小学生が通う、中学受験のための塾の事務のおねーさんとゆうアルバイトをしているのですが。


とにかく子供たち、元気なんですね。そしてとっても個性的。

しまださーん!って体当たりする勢いで話し掛けてくる子もいれば、毎回別のあだなを考えて呼ぶこもいたり。
先生、ってキビキビと質問をしにくる子もいます。


そして、みんな名前がとっても多彩なんです。



テストのときなど、時間が空いちゃうと、私みんなの名前を眺めるのです。

おとうさん、お母さんの想いがつまった名前ですから、その子のことを考えながらどんな由来なのかな、って想像してしまいます。



名前といえば、映画「ちづる」はタイトルが名前のみです。
 

ちづる。



千鶴と書くこの名前、私はすごく強い意志のようなものを感じます。



しなやかで、つよい。    そんなイメージがあります。
 

みなさまはどんなイメージをもたれますか?
 


名前を知って、その上で相手を知ると、人と出会うのが楽しみになるような気がしました、そんな秋の夜長。




では、今回はこの辺で…



まだ暑くなったり寒くなったりするようですが、みなさま体調など崩されませんよう。

みんなきてきて”後期合同番組発表会”

  • 2011.09.24 Saturday
  • 07:57

どうも、みなさま、こんにちは。

とんでも投稿でお茶の間を騒がせました、、ササキです、、

今日はお知らせをさせてください。

10大学放送連盟というものを、みなさまご存知でしょうか?

10大学放送連盟とは、
青山学院大学放送研究部
慶応義塾大学放送研究会
上智大学プロデュース研究会 B−pro
千葉大学放送研究会
放送集団オケアノス(一橋大学と東京女子大学のインカレサークル)
明治大学放送研究会
立教大学放送研究会
早稲田大学放送研究会
中央大学放送研究会
の9団体10大学で構成されている映像サークル団体です。
10大学放送連盟 公式ホームページより)

実は、立教大学放送研究会には「ちづる」の赤監督が参加していたことがあったりもしたのです。

この10大学放送連盟は毎年二回、立教大学にて合同発表会を行っているのですが、
後期の番組発表会が来る10/1(土)に開催されます!!というお知らせです。

10大学放送連盟 後期合同番組発表会
◯日時 2011年10月1日(土)|開場14:00|開演14:30
◯場所 立教大学池袋キャンパス タッカーホール(池袋駅西口より徒歩7分)
◯概要 「映像コンペティション」というかたちで番組発表会を進行。『音』という統一のテーマのもと制作した作品を、審査委員と来場者が評価、優秀な作品を表彰する

かつては単なる上映会だったものを、映像コンペという形でリノベーションした記念すべき第一回目とのことです!

このイベントのディレクションを内藤さんという僕の友人のクレバー・ガールが行っています。まだ二年生なのに10もの大学を率いて映像表現の新たな地平を開こうとしています。すごいっす、すごいっす。
ご厚意で、「ちづる」のチラシも会場に置かせて頂けることになりました。感謝!!

荒削りかもしれない、拙いかもしれない、それでもまだ見たことのない場所への一歩、そんな表現の核に出会えるイベントではないでしょうか。みなさま、ぜひお越しくださいな。

世界を変える気がないクリエイターは、辞めたほうがいい
鬼才ヤン・シュヴァンクマイエルはそう言ったそうです。

羊、モンゴル相撲、ササキの巻

  • 2011.09.20 Tuesday
  • 03:58
どうも、みなさま、こんにちは。
時の彼方より戻って参りました、ササキです。

前回はハルコさんに急場を救っていただきまして、サンクス・ア・ロット。
「ちづる」の宣伝活動も佳境に入って参りまして、楽しさ反面、カラダは悲鳴をあげていた今日この頃、、、
疲れきったあたくしがTwitterを開くと、マイ・タイムラインに流れるこんな文言が、眼に飛び込んで来たというところから今回の物語は始まります、、、

【急募/RT歓迎】羊一頭を一緒に食べてくれる人、大募集!
  4時間かけて羊をさばき、料理してもらいます。


いやあ、行くしかないと思ったよね。
こんな祝祭が都市には必要なのよねと思ったか思わなかったか、すぐに友人たちに電話をかけまくっておりました。

結果、まーしーとふたりで行ってきましたー。

勿論、鞄には映画「ちづる」のチラシを忍ばせて。
(普段、映画館に行くことのない方、ましてやドキュメンタリー、家族、自閉症なんてトピックには興味のない方もいるかもしれない、
そんな方に直接会って話して、ちょっとでも興味を持ってもらえたら最高だわーとにんまりしながら、、)

さて、この羊会、
主催はこのお二人(かなりファンキーなお二方、詳しくはリンクをチェック!!)
中根雅文さん 並木麻衣さん
場所は、ここ→モンゴル料理 オッと屋
当日は30名位の初めましてなみなさま、主催のお二人の友人だったりそうじゃなかったり僕らのようにふらりと来たひとなど色々・愉快な方々、、

そして、何故かみんなモンゴルの服着てるー!!笑

それもそのはず、、
店主のスーホさん(スーホの白い馬w)、めちゃくちゃチャーミングなエンターティナーでありまして、
お客さんたちに漏れなくモンゴルの衣裳を着付けておりました。
しかもこの方、モンゴル流のコール(歌詞もよう判らんのにみなで大合唱w)で盛んにウォッカを勧めてくる猛者!

すっかり酔いもまわらんとすその頃、まーしーが上映委員会名刺を手にみなさまにご挨拶、
機は熟した!!と思ったササキは、チラシを持って立ち上がりました!!!!

ササキ:「どうもー、リッキョー大学から来ましたー」

スーホ:「ええ、なに宣伝!?」

ササキ:「あ、はい、そうです」

スーホ:「ただ宣伝しても面白くないからネ。コッチ来て!」

ササキ:「え……………」

あっちゅう間に身ぐるみ剥がされて気付いたらモンゴル相撲の格好していました、私。

しかも対戦相手は主催者の中根さん。
熱戦の結果は、、推して知るべし、、ということで、勘弁してください。
(負けてその格好のまま歌舞伎町を彷徨ったなど口が裂けても言えませぬ。)
でもね、ちゃんと「ちづる」のチラシは皆さんに届いたよ。
秋には劇場でまた会いたいな。羊会のみなさま。

ところで、肝心の羊は、、、、

余すとこなくいただきましたとさ。
中根さんと共に並木さんをお姫様抱っこするササキw

でんでででん

  • 2011.09.15 Thursday
  • 22:28
呼ばれてなくても飛び出します


上映委員の栗林です!!



次の担当ササキさんは
現在、多忙が極まり時の彼方へ逃避行中なので
栗林のハルコが代打をつとめさせていただきます


ササキさん、高くつきます。



さてさて我々大学生はそろそろ長い夏休みも終わりということで
徐々に元気がなくなってきています。笑


履修をくみながら大学生だったことをぼんやりと思い出しました…


もう9月も後半。
すなわち、

ちづる公開まであと一ヶ月とちょっとという訳です!!


幾度もの試写とメディア対応担当の努力も実り
いろんなところで取り上げていただく話もいただいて

たくさんの方がちづるを応援してくれる予定が進行中です。
早く発表できるといいですなあ


10月29日からの上映スケジュールも決定してます。
公式HPでご確認を!

タイムスケジュール入りのチラシも
たくさんの映画館に置かせていただいています


初日は舞台挨拶もありますよう


ひとまず楽しみなのは山形国際ドキュメンタリー映画祭ですね!

私は6日ほど滞在してがっつり楽しむ予定です^^

どの映画を見るか、スケジュールを組まなくては!

大きなリュックを買わなくては…!

温泉も調べなくては…!!



楽しみですねい。

ハルコ

全身黒タイツ集団、あらわる

  • 2011.09.10 Saturday
  • 22:37
 
こんばんは、田中はマーシーからバトンを受け取りました鴇田と申します。
初めましてですねぃ!
出来ることを出来る限り手伝おうの精神で生きていますので、あまり力になっていない気がしないでもないんですが
書かせていただきます!笑
顔の主成分が眼鏡で出来ていますので、見かけましたら一声頂けると面白いと思います。
そして伊藤くんが投稿した画像に腹筋割れるかと思いました。似てる…笑

さて本日は、いきなりですが山形国際ドキュメンタリー映画祭へ遠征に行くメンバーの顔合わせでした。
朝遅い時間の待ち合わせでしたが、8名集合のうち2名が夢の中で集合場所にたどり着くという珍事件が発生。
6名で諸々の打ち合わせ。朝のコーヒーは幸福そのものです。
昼も近い都内の駅で「暑いねー」なんてのほほんとしていたら


現れた

全身

黒タイツ集団!!!!


なっ
なんじゃー!!
と思ってたら、どうやら「ストレッチマン(?)」の無料体験の宣伝マンたちだったらしい。

にしても!

あそこまで!!

躯を張るなんて


見習わねばっっっ


すみません嘘ですごめんなさい着たら面白いだろう上映委員会メンバーの顔
思い浮かんじゃったのは事実ですけども。笑
たぶんストレッチマンより面白いです。

さて山形国際映画祭まであと一ヶ月を切りました。
本当に早いもんです。
『ちづる』は本映画祭、ニュー・ドックス・ジャパンにて正式に上映させていただくことが決まっております。
ばっちりその瞬間を見にいくぞー!おー!

…てコラ、遊びに行くんじゃないんだからねー!
わくわくしっぱなしのメンバーを抱えて、10月に我々は山形に。
上映委員全員ではないのですが…
あっ全身タイツは履きません。
ちょっぴり真面目な顔をして降り立ちます。
現地で会ったが百年目、お声かけてくださいませ。
楽しみでなりません。

今回の筆当番 鴇田でした。
散文乱文失礼致しました。
9月といえど残暑が厳しい日が続きます、お体に気をつけてくださいませ。

ん?
あれ?

次ってあの…

あの…

会長!!?

乞うご期待です。笑

トマトマなべなべ

  • 2011.09.07 Wednesday
  • 02:33
お久しぶりです
先日「トマト鍋作ったんだけど美味しくできたから食べに来ない?」って電話をくれた伊藤くんからバトンを引き継いだ田中です。
彼は寂しいんだと思います。

さて、前回も書きましたが、僕は赤崎監督と同じく障害児の兄弟姉妹を持つ「きょうだい児」なのですけども、 「ちづる」の配給で知り合ったマスコミの方から「きょうだい児」を特集したTV番組への出演依頼をいただいて、目下撮影中です。
上映委員会での活動にしろ、自分のやってきたことが磁力を持って、人を引き寄せて、ロケーションやシチュエーションが整っていって磁場を作る
表現の舞台に幅が出てくるのは嬉しいことですね
今度は音楽を通じて広がっていった磁場での近況をお伝えしようと思います。

あ、そういえば
僕はギター弾きなんですけど、何日が前に今弾いているギターが完全に自分の物になった気がしたんです。

使い込んだ物ってだんだん自分の体から延長した神経が張り巡らされていくような感覚を覚えるんですけど、それがこのギターの場合は全体にくまなく行き渡った感じ。
ギターが身体化した感じ。
多分物理的に言えばフォームが安定したとかそういったことなんでしょうが
あの高揚感って多分科学できるタームじゃないと思う。

でもなんとなく、ギターが身体化したんじゃなく、身体がギター化してきたのかもしれないとも思っていて
僕はギタリストじゃなくギターになりたいのかもなあとか考えてたら
バイトに遅刻しました
気を付けます
おわり。



次はダイビングキャメラウーマンチックベーシスト、鴇田です。

ライブ!

  • 2011.09.04 Sunday
  • 00:18
201109040014000.jpg
こんばんは。だいぶ久しぶりの投稿となります。上映委員会の伊藤です。

夏も終わりに近づいてきましたが、まだまだ暑いですね―。

さて、以前の記事で爆音でライブをするメンバーの話題が出ていましたが、それは僕のことなのです。


僕と上映委員代表の佐々木は、バンドを組んで活動しており、夜な夜な激しいライブをしているのです。


来る9月12日には、渋谷O-Eastというライブハウスにてライブをするのですが、先日はその練習を行いました。

もう前日から楽しみで夜も眠れなかったのですが、一睡もできないまま臨んだ練習も充実した内容で、気合いが入りました(^O^)
-----------------------------------------
ササキによる追記
イベントの詳細、、、
“Campus derabu 2011”|2011.09.12 (Mon)|OPEN: 18:00|START: 18:30|ADV: 1500 / DOOR: 2000 (+drink fee)
at SHIBUYA O-EAST
【Main Stage】L.E.D.|Stim|ジョゼ | YOMOYA
【Sub Stage】SubUrban vs lkins|Jeunesse|アルパカブラザーズ
SubUrbanというのが、ササキ、イトウの参加する電撃バンドです。
是非お越しください!共に踊りましょー。

--------------------------------------------------
ところで音楽といえば、映画「ちづる」の劇中にも音楽が使われています。


これは実は、最初に「ちづる」が赤崎監督の卒業制作として上映された際には入っていませんでした。


それゆえ僕は音楽が入っている「ちづる」、音楽が入っていない「ちづる」の両方を観ているのですが、「音楽が ある/ない でここまで違うのか!」と、印象の違いに衝撃をうけた記憶があります。


陰ながら大きく映画の雰囲気を創ってゆく役割を担っている音楽、その存在感を感じた瞬間でした。


ぜひ劇場にご来場の際には、映画の中の素敵な音楽にも耳を傾けていただけたらなぁと思います!


写真はプロデューサーの池谷さん、にそっくりなマスコット。よく似てるでしょ?


次は田中のマ―シ―、よろしくです。

in 福岡

  • 2011.09.02 Friday
  • 19:47
こんばんは(^^)
昨夜から今朝にかけて夜行バスに揺られ
ただ今、福岡に滞在中の武盛です!
友達の家に居候中(笑)

福岡といえば「ちづる」にも関係のある地名ですよね!
久美さんは九大の出身ですし!(すごい!!!!)
今武盛は久美さんやちづるさんと近い空の下にいることになります!

福岡へと出発した昨日は1日ということで映画が1000円になる!と思い
2作品、映画館で映画を見てから夜行バスに乗り込みました。
ハリーポッターとライフです。
大画面で見られるっていいですね♪
いろいろ思うことはありましたが、「ちづる」とリンクする感想といえば
「母の愛」の強さですかね。
映画「ちづる」は千鶴さんの映画でもあるし、監督自身の映画でもある。
と同時に「久美さん」の映画だといわれることも多々あります。
映画を見た人は久美さんの強さを感じずにはいられないはずです。
かの有名はハリーポッターはリリーポッターの愛ゆえに「生き残った男の子」になるわけです。
映画「ライフ」では大自然の中、たくさんの動物たちが母の愛を全身で受け止めて生きています。極寒の風を自分の体を使って防ぐアザラシの母親、自分の命を削って一生に一度の産卵をする水だこの母親。
どこの世界でも母の愛は強いですよね。
魔法界でも自然界でも、人間界でも子供は母の愛に守られて生きてるんだなぁって
強く感じました。
世の中にはたくさんの愛の形がありますが、
その中でも母親の子どもへの愛ってすごいなぁって思うんですね。
「無償の愛」とでもいうのでしょうか。
今まで、どこにでもいる普通の女の人だった人が子供を宿すと今までからは想像できない様な強さを持つことだってある。
私も一人の人間として、そんな強さを持てるようになりたいなと思う今日この頃です。

さて、武盛は数日後、その「愛」をそそいでくれる家族のもとに帰ります♪
約4か月ぶりの家族との再会。
家族っていいですね!!!!
「ちづる」にかかわるとき、すごく家族を思い出すので、やっとその家族と直接会えると思うと嬉しくてしかたない武盛でした!(^^)!

では。。。



1ヶ月

  • 2011.08.28 Sunday
  • 22:09


お久しぶりです^^
前回の登場からちょうど1か月ほど経ちましたね
今回は中央寄せでお届けしておりますカミムラです

最近思うのですが
やっぱり笑顔っていいですよねぇ
あと子供っていいですよねぇ

大学生になって初めての夏休み
いろいろありましたが
小学生の子供たちとキャンプに行ってきたんですよ

3年生から6年生の子供20人と2泊3日
レクをして遊んだり
ごはん作ったり
肝試ししたり
ごはん作ったり
ごはん作ったり
川遊びしたり
やっぱりごはん作ったり
キャンプファイヤーやったり・・・
ごはん大事ですもん
普段運動をまったくしない私には大変ハードでしたが
沢山の笑顔が見れた3日間でありんした^^

そして
帰ってきて
ちづるに目を向けて
あの子たちが映画ちづるを見たら何を思うのだろうかと
私は思いました
思っちゃったんですよ

私が初めて知的障害の子と出会ったのは小学生の時でした
深くかかわることになったのは高校生の時
そしてもっとそのことについて知りたいと思うようになったのが大学1年生
ちづるを見てからでした

もうちょっと早く気づいていたかったなぁと思うのです

だから
子供たちにもこの映画を見てほしいなって
そう思います^^

まぁ私もまだまだ子供なんですけどね笑


あぁー夏が終わっちゃいますね;;
私のブログもここら辺で終わっちゃおうと思います
次はきっと9月の終わり頃ですね
秋だ!!やった!!
それでは^^