答えはWebで。

  • 2011.06.08 Wednesday
  • 22:18
 おはようございます、こんにちは、こんばんは。
そしてはじめまして。
ちづる上映委員会の倉田です。

普段は劇団志木というサークルでミュージカルをしております。
公演が近いもので、なかなか委員会の方に顔を出せていない現状です。
一昨日は委員会のミーティングに久々に出てきました。
したらなんとまあ、大勢の人が居るのですよ。
最初はほんの数人だったちづる上映委員会も、気がつけば20人を超えそうな勢い。
もっともっと、輪が広がっていけば素敵ですね。

各々が各々の関わり方で参加できるのがこの委員会の良いところ。
僕は僕で、この「ちづる」を広めていきたいと思います。

僕がこの委員会に参加したきっかけは、映画の配給に携わってみたいと思ったことでした。
実際に映画を見るまでは、「ちづる」に対して大して興味はありませんでした。
自閉症の娘を持つ家庭を撮ったドキュメンタリー、と最初友人に紹介された時、あまり面白くなさそうだと感じていた位です。
重苦しそうだし、説教臭そうだし、何よりつまらなそう、そういう印象を持っていたのです。
しかし、実際に観てみると、その全てが裏切られました。
軽妙で、押し付けがましくなく、そして面白い。
今の僕のモチベーションには、映画の配給に携わっていくことに加えて、「ちづる」をもっと多くの人に観て欲しいという思いがあります。
だから僕は拙いながらも、みなさんに「あらあら面白そうじゃないの」って思って貰えるようなことを書いていきたいと思います。
最初の日記だからか、肩の力が入りすぎて少し堅苦しいかもしれません。
ですが、あくまで気楽に書いていきたいと思います。
どうぞよろしくお願いします。

さて、最後にこの記事を読んでくれた方に一つ、質問してみようと思います。
軽い気持ちで考えてもらえれば幸いです。

自閉症の娘を持つ家庭を撮ったドキュメンタリー。
そしてそのドキュメンタリーで一番多かった表情は、何だったと思いますか?

答えは次回の日記で!
ではでは、また!

倉田
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM