トマトマなべなべ

  • 2011.09.07 Wednesday
  • 02:33
お久しぶりです
先日「トマト鍋作ったんだけど美味しくできたから食べに来ない?」って電話をくれた伊藤くんからバトンを引き継いだ田中です。
彼は寂しいんだと思います。

さて、前回も書きましたが、僕は赤崎監督と同じく障害児の兄弟姉妹を持つ「きょうだい児」なのですけども、 「ちづる」の配給で知り合ったマスコミの方から「きょうだい児」を特集したTV番組への出演依頼をいただいて、目下撮影中です。
上映委員会での活動にしろ、自分のやってきたことが磁力を持って、人を引き寄せて、ロケーションやシチュエーションが整っていって磁場を作る
表現の舞台に幅が出てくるのは嬉しいことですね
今度は音楽を通じて広がっていった磁場での近況をお伝えしようと思います。

あ、そういえば
僕はギター弾きなんですけど、何日が前に今弾いているギターが完全に自分の物になった気がしたんです。

使い込んだ物ってだんだん自分の体から延長した神経が張り巡らされていくような感覚を覚えるんですけど、それがこのギターの場合は全体にくまなく行き渡った感じ。
ギターが身体化した感じ。
多分物理的に言えばフォームが安定したとかそういったことなんでしょうが
あの高揚感って多分科学できるタームじゃないと思う。

でもなんとなく、ギターが身体化したんじゃなく、身体がギター化してきたのかもしれないとも思っていて
僕はギタリストじゃなくギターになりたいのかもなあとか考えてたら
バイトに遅刻しました
気を付けます
おわり。



次はダイビングキャメラウーマンチックベーシスト、鴇田です。

6/28学内試写会

  • 2011.06.29 Wednesday
  • 10:19

 こんにちは!上映委員の田中です。観てもいないのに誘われるがまま「ちづる」上映委員会に参加していた不良です。昨日の学内試写会でやっと観られました。




昨日は学内の、とりわけ「コミュニティ福祉学部」という立教の福祉系の学部の学生をメインターゲットにした試写会でした。
あらゆるコネを駆使して宣伝した甲斐あってたくさんの方が観に来てくださいました。感無量です。



はじめての視聴を終えての感想ですが、誤解を恐れながら書かせていただくと「特別何も感じなかった」というのが本心からの言葉です。
我ながら野蛮な言い回しですが、上映後赤崎監督にこの感想を直接お伝えしたところ「ああ、そういう映画を撮りたかったんだよ」とお言葉をいただきました。



というのも、僕自身にも知的障害者の家族がいるんです。6つ上の姉がそう。
なのでちづるちゃんをより身近に感じられたんだと思います。観ている間中「ああ、あるある」の連続でした。特別なことは何も見出されなかった。
この映画は障害者がいる家庭の日常を撮った映画だから。



一つ前の一文、無意識的に「障害者がいる家庭」という部分にアクセントを置いて読んでしまいがちかもですが、それでもやっぱり「日常」には変わりないんです。あの映画の中に描かれているちづるちゃんは赤崎さんやお母さんにとって当たり前で、自然で、日常で、家族なんです。



そういった訳で、僕はこの作品を純粋に一つの家族を描いた映画として楽しみました。きっと他の障害者が身内にいる方もそうなんじゃないかな。
けれども、僕はこの映画を障害者が身内にいる人間特有の「あるあるネタ」で終わらせたくはないんです。



障害者とかかわりがある人の共感を喚起したいのはもちろん、今まで障害者とかかわりを持ってこなかった方々にもこの映画の中に日常を見てほしい。
僕は障害者が所謂「普通」だとは思っていません。けれどそれと無理解でいるのにむずがゆさを感じないでいることはまるで別問題だとも思っています。
障害者を差別とか擁護とかではなく、ただそこにいるだけの人の一人として感じてほしい。この映画は間違いなくその足がかりになるはずです。



では、僕は委員の伊藤君の新しいいじり方を考えるので忙しいのでこの辺で。

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM